So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

総連、朝鮮学校無償化へ攻勢 「日本人になりすませ」 文科省への電話指示、ノルマも(産経新聞)

 朝鮮学校への高校授業料無償化適用をめぐり、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)が生徒の父母らに文部科学省に適用を要請する電話攻勢をかけるようノルマを課していたことが12日、内部文書から分かった。同時に、複数の日本人になりすまして電話回数を稼ぐよう指示。総連の無償化運動がモラルを著しく逸脱し、北朝鮮同様に統制された組織動員のもとで展開していた実態が明らかになった。

 朝鮮総連関係者から入手した内部文書によると、指示は朝鮮学校への無償化適用が先送りされた後の5月7日に朝鮮学校生徒の母親らが所属する総連傘下の女性団体などに出された。

 文書では「『高校無償化』がわれわれの学校に適用されるまで全組織、全同胞を立ち上がらせ闘争し続ける」とげきを飛ばし、無償化適用を求める署名を「1人当たり100人」集めるよう指示。文科省が開設した無償化の相談窓口「高校就学支援ホットライン」を通じて無償化即時実施を求める要請活動を展開するようにも命じた。

 文書にはホットラインの電話番号が目立つように書き込まれているが、関係者によると、この文書が出された際、総連幹部は「在日としてだけでなく、一般の日本人になりすまして複数回電話するように」命じたという。関係者は「日本人も適用に賛成していると見せた方が効果がある」と、意図を説明する。

 文書では「高校無償化闘争」についてのDVDなどを積極活用して民主党の地方組織や地方議会へも強く働きかけるよう求めている。さらに、活動結果について「5月29日」「6月26日」「7月10日」「7月31日」と期限を指定して報告ノルマを課し、集めた署名数のほかホットラインへの電話回数も報告を指示している。

 朝鮮学校無償化をめぐっては、文科省の専門家会議で適用の是非を検討中だが、同省によると、ホットラインには「朝鮮学校にいつ無償化が適用されるのか」「一日も早く適用してほしい」との意見が実際に寄せられており、「正確な数は集計していないが、少なくない」(文科省担当者)という。

 なりすましについて、担当者は「匿名の電話が多く、時間帯で電話を受ける職員が代わるため、同じ人物が電話してきても分からない」と話した上で、総連による動員については「コメントしかねる」としている。

【関連記事】
文案作成に朝鮮総連から“圧力”も 「強制連行」銘板
総連、朝鮮学校に金総書記訪中映像の上映指示
哨戒艦事件は「捏造」 総連責任副議長が非難
朝鮮総連大会が開幕 周辺で哨戒艦沈没抗議活動も
朝鮮学校教科書の日本語版を出版 目立つ個人崇拝 無償化論議に一石
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

<長崎沖漁船沈没>新たに1遺体の身元判明(毎日新聞)
<民・自マニフェスト比較>政策差、見えにくく(4) 外交(毎日新聞)
夢の企画再び! 「ランデヴー 日本料理名店との饗宴」(Business Media 誠)
菅内閣発足 参院選勝敗ライン「50議席」(産経新聞)
<雑記帳>人間向け「鹿せんべいアイス」が人気…奈良(毎日新聞)

防犯カメラ別人映像、当時の署幹部が冤罪認める(読売新聞)

 窃盗罪に問われた金沢市の男性被告(61)の公判で、金沢地裁(入子光臣裁判官)が防犯カメラに映った人物は別人とする鑑定結果を証拠採用した問題で、捜査を担当した石川県警松任署幹部(当時)は4日、読売新聞の取材に対し、「冤罪(えんざい)事件」と認め、「慎重に捜査を重ねたが、自分のミス。(被告に)申し訳ない」と語った。

 この幹部によると、防犯カメラの映像は鮮明で、誰が見ても本人と思ったという。男性は同署の調べに容疑は否認したが、画像については「『写真は自分』と話した」という。その上で、「画像は自分じゃないと否認していたら逮捕していなかった」と弁解した。

 一方、男性も同日、取材に応じ、「(県警の調べに)写真は似ているけど自分とは違うと話した」と、幹部の話を否定。「(事件のあった)コンビニに行ったこともないと言った」と語り、県警と検事に「頭下げて『すまなかった』と言ってほしい」と謝罪を求めた。

 男性の弁護人によると、検察の調書でも、映像の人物は「自分だ」と認める内容になっているという。

 11日に開かれる第6回公判では、被告人質問が予定されており、第7回公判で論告求刑と最終弁論が行われ、結審する見込み。

<はやぶさ君>人気加速 13日に地球帰還(毎日新聞)
JT所有地架空転売話、訴訟ドロ沼 誰がだました? 消えた23億(産経新聞)
口蹄疫 「なぜ今ごろ?」首相現地入りに批判(毎日新聞)
<詐欺容疑>偽申告で還付金詐取 2人逮捕 愛知(毎日新聞)
看護師教育のみの学士課程促進を―日看協が要望書(医療介護CBニュース)

貞観地震 震源域「宮城県沖」より広く…9世紀(毎日新聞)

 9世紀中ごろに東北から北関東の広い範囲に津波をもたらした「貞観(じょうがん)地震」の震源域が、宮城県沖から福島県南部沖まで長さ200キロ、幅100キロに達する可能性のあることが、産業技術総合研究所(茨城県つくば市)などの解析で分かった。規模はマグニチュード(M)8.4と推定され、国が想定する宮城県沖地震(M7.5前後)の震源域より大きく南側に広がる未知の海溝型地震だった可能性がある。24日午後に千葉市で開かれている日本地球惑星科学連合大会で報告する。

【津波避難の注意点】高台へ、車で逃げない、貴重品はあきらめる

 研究グループは、宮城県石巻平野から福島県中部沿岸にかけての津波の痕跡調査を基に、コンピューター上で地震と津波を再現して震源域を検証。その結果、10パターンある仮定震源域のうち、最も大きな長さ200キロ、幅100キロの場合のみ、震源の深さを変えても痕跡の位置まで津波が浸水することを確認した。周期は特定できていないという。

 宮城県沖では、平均約37年周期でM7クラスの海溝型地震が発生。国の地震調査委員会は30年以内にM7.5前後の地震が発生する確率は99%と予測している。一般的に地震の規模と震源域の断層の長さとは一定の関係があり、M7で30〜40キロ、M8で100〜150キロといわれる。

 産総研の行谷佑一研究員は「宮城県沖でこれほど大きな地震が起きるとは考えられていなかった。より広い範囲で詳細な検討が必要だ」と話す。【八田浩輔】

 ◇貞観地震◇

 869(貞観11)年7月に発生。平安時代の歴史書「日本三代実録」には、仙台平野周辺で建物が崩壊し、津波で1000人の水死者が出たと記録されている。地震で生じた津波は北関東までの広い範囲に及び、仙台平野では現在より1キロ陸側にあったとみられる海岸線からさらに3キロ内陸で、津波の痕跡が見つかった。

【関連ニュース
災害情報:公式ツイッターで発信 消防庁
地籍調査:過去10年で実施5割未満 災害時混乱の恐れ
傷心のシバザクラ6000株 地すべりがあった斜面に咲く 兵庫・西宮
<写真で見る>大津波・津波警報に厳重警戒 列島各地が緊迫 2010年2月28日
<写真で見る>日本の津波対策

辺野古区行政委、条件付きで容認決議(産経新聞)
参院選、新党改革を支援=鳩山邦氏(時事通信)
同級生を金づちで殴打=中3女子生徒を逮捕―岩手県警(時事通信)
日本は韓国を支持、米と連携で対応…哨戒艦事件(読売新聞)
小沢氏再不起訴 首相「コメントは適当ではない」(産経新聞)

元裁判所職員を取り調べ 非弁活動容疑で大阪地検(産経新聞)

 弁護士資格がないのに知人らから過払金返還請求を請け負って本人訴訟を起こしたなどとして、大阪地検特捜部は20日、弁護士法違反(非弁活動)の疑いで、元簡易裁判所職員で旅行代理業の男(43)=大阪府富田林市=の取り調べを始めた。容疑が固まり次第、逮捕する方針。男は簡裁時代に訴訟事務にかかわっていたという。

 関係者によると、男は平成19〜20年、多重債務を抱える複数の知人から依頼を受け、報酬目的で消費者金融を相手に過払金返還を求める本人訴訟を起こした疑いが持たれている。男は知人に対する債権があると偽って公正証書を作成したり、消費者金融から過払金を受け取る権利があると称して請求権を裁判所に差し押さえさせたりするなど、法律知識を悪用。本人訴訟ができると装ったが、実態は代理人としての活動だったとされる。

 男は訴訟を約10件起こしたが、消費者金融に提出した請求書などの書類が異なる知人のものなのに書式や返送先が同じだったり、連絡先として記載された携帯電話が男の名義だったりと、不自然な点が多数あったという。

<民主党>「衆院選後、消費税上げ」…参院選公約に明記へ(毎日新聞)
<口蹄疫>対応強化を指示 首相(毎日新聞)
枝野氏、小沢の説明責任に期待(産経新聞)
民主党、政策アンケート公表 子ども手当は「現行のままで」(産経新聞)
佐渡のトキ、またカラスに卵持ち去られる(産経新聞)

富士ソフト元課長代理を逮捕=2700万円背任容疑−大阪府警(時事通信)

 架空の業務受注で東証1部上場の電子機器販売会社「富士ソフト」(横浜市)に約2700万円の損害を与えたとして、大阪府警捜査2課などは10日、背任容疑で同社の元営業課長代理下釜匡則容疑者(42)を逮捕した。
 逮捕容疑は2006年3月、架空の受注で同社にパソコン122台を仕入れさせ、約2700万円の損害を与えた疑い。
 府警によると、同容疑者はパソコンを約2100万円で売り払い、「住宅ローン支払いなどに使った」と供述しているという。 

女子大生宅に侵入、現金奪う=強盗容疑で男逮捕−滋賀県警(時事通信)
支持率低下「普天間も要因」=鳩山首相(時事通信)
<堺男児虐待死>逮捕の元内縁の夫 腹部を狙った暴行(毎日新聞)
天皇、皇后両陛下 東京都内の学童クラブを視察(毎日新聞)
袋詰め女性に保険金=淀川堤防遺体−大阪府警(時事通信)

「日本で働く韓国人ホステスの方が金使う」韓国人ホストクラブ摘発(産経新聞)

 無許可でホストクラブを営業していたとして、警視庁組織犯罪対策1課などは風営法違反(無許可営業)容疑で、東京新宿区と八王子市のホストクラブ計3店を摘発。入管難民法(不法残留など)の現行犯で、いずれも従業員の韓国籍の男計6人を逮捕、韓国籍の男32人とオーストラリア国籍の男1人を摘発した。

 同課によると、摘発された3店は主に韓国人ホステスを相手に営業していたといい、男らは「韓国より日本で働く韓国人ホステスの方が金払いがよかった」などと供述している。

 3店とも平均して月600万円前後、従業員1人当たり1日2〜3万円の売り上げがあり、従業員は自分の売り上げ分の約5割を給与として受け取っていたという。

 同課はホストクラブの経営者や店長など責任者を突き止めるため、男らを追及する方針。

【関連記事】
15歳でホステス、31歳で大学→苦難越え、異色の女性コンサル
韓国人ホステスに偽装結婚あっせん 44歳男を逮捕 
中井氏、女性問題を釈明「何か問題ならはっきり言って。つけられて分からなかったのは恥ずかしい」
「好きだ」客の女性に売春させる 元ホストら2人逮捕
結婚サギ女がドンペリ豪遊、ミナミで見せた素顔
外国人地方参政権問題に一石

「子ども殺した」と母出頭=車内で死亡した男児発見−福島(時事通信)
全容解明で協力を継続=捜査状況、詳細に説明−ギョーザ中毒事件で日中会議・警察庁(時事通信)
<抹茶ぜんざい>おこげから金属片発見 自主回収…天野実業(毎日新聞)
無免許で高速道路逃走、最後は駆け足(読売新聞)
<山岳事故>福井の女性が滑落死…北ア・鹿島槍ケ岳近く(毎日新聞)

「パンでおびきよせ」鹿撃った、女認める(読売新聞)

 奈良市の春日大社境内で3月、ボウガンで撃たれた雌鹿が死んだ事件で、文化財保護法違反(天然記念物棄損)容疑で逮捕された飲食店員伊達恵容疑者(37)(三重県亀山市)が県警の調べに対し、飲食店経営稲垣銀次郎容疑者(39)(津市)から、「鹿肉は高く売れるので取りに行こう、と誘われた」と犯行を認める供述をしていることがわかった。

 捜査関係者によると、犯行に使われたボウガンが伊達容疑者の自宅から見つかったことなどから追及したところ「パンで鹿をおびきよせたが、(撃った)鹿は逃げ、その日(3月12日)は持ち帰っていない」と供述しているという。

<天下りの塔>事業仕分けにため息…農水26法人が入居(毎日新聞)
首相動静(4月15日)(時事通信)
<掘り出しニュース>奈良の名物・柿の葉ずし せんとくん「滋賀産米を使ってるんだよ」 滋賀知事を訪問(毎日新聞)
遣唐使船の遭難者ら初法要 海龍王寺、博多湾の海水を捧げ(産経新聞)
アパート火災で2人死傷 東京・足立(産経新聞)

<モヤシ>安さで存在感 不況と天候不順での野菜高騰の中(毎日新聞)

 長引く不況と天候不順で野菜の価格が高騰する中、モヤシが売れ行きを伸ばしている。安くて料理のボリュームが増えるうえ、炒めてよし、煮てよし、さっと湯がいてサラダにしてよし。使い勝手もよく、200グラムで20円を切る商品もある。以前から食卓には欠かせない食材だが、最近ますます存在感を増している。

 大手スーパー「ダイエー」(東京都江東区)の09年の売上高は05年比で2倍になった。特に原油高による生鮮食品の価格高騰やリーマン・ショックによる金融危機があった08年比では1.5倍という人気ぶり。各店舗で売り場を拡大し、品数を増やしている。

 同社広報部は「気候や社会情勢に左右されず安定的に供給されるのがモヤシの強み。独身男性からファミリー層まで幅広い人気がある」と話す。サラダ用ドレッシングや炒めもの用のタレなど、新たな関連商品も登場し、売れ行き好調という。

 総務省の家計調査によると、2人以上の世帯の年間消費量は05年の5510グラムから09年には6748グラムと1.22倍に伸びた。全国消費者団体連絡会(東京都千代田区)の阿南久(ひさ)事務局長(60)は「不況を背景に全国的によく売れている。安くて栄養があり、調理方法が多彩なところに消費者が魅力を感じているのでは」と話す。

 1日あたり約300トンと全国の2割の生産量を占める業者最大手「成田食品」(福島県相馬市)では近年、前年比で2割増しの生産が続いているという。佐藤信一郎専務(35)は「安いほど売れる。価格競争も激しく、一層安くなっている」。1日約100トンを生産する「サラダコスモ」(岐阜県中津川市)も生産量を増やしており、総合企画室の宮地隆彰さん(42)は「食卓の主役ではないが、量が膨らんで満足感が出るため喜ばれる」と話した。【神保圭作】

【関連ニュース
調味料:石垣島ラー油や卵専用しょうゆ人気 「内食」影響
吉野家:肉が大盛りの2倍「特大盛」発表 ご飯、肉少なめ「軽盛」も
ギャルママ:夕食は毎日手作り レシピは携帯で検索 「I LOVE mama」と味の素調査
すくすくレシピ:第250回 「新ジャガとホタテのクリームチーズ焼き」
すくすくレシピ:第248回 「菜の花のカナッペ」

女児にわいせつ 消防士長を逮捕 容疑で兵庫県警(産経新聞)
デイリーNK・高支局長「携帯は社会変えるツール」(産経新聞)
原発建設ラッシュ、66基に=昨年から14基増−産業協会調査(時事通信)
自民党崩壊の始まり?保守再生へ大胆な提案(産経新聞)
名古屋の山にニホンカモシカ、最大3頭生息(読売新聞)

「きのさき」「北近畿」新型車両のデザイン発表(読売新聞)

 JR西日本は、山陰線や福知山線で、京都大阪と城崎温泉などを結ぶ特急「きのさき」「北近畿」などとして運行する新型車両のデザインを発表した。

 北陸線で人気のある特急「サンダーバード」を参考に、現在の「北近畿」でなじみのあるえんじ色の横線を窓の下に採用した。2011年春から走らせるという。

 現在の特急車両(183系)は製造から40年近くがたって老朽化してきたため、86両ある特急車両のうち、46両を新型車両(287系)に更新する。

 自由席や指定席がある普通車の車両では、前後の座席の間隔を現行より6センチ広げて97センチにし、座り心地を良くする。各車両には行き先などを表示する電光掲示板を設置し、窓も大型化する。車いす対応トイレや授乳などに利用できる多目的室も設け、より快適に乗車してもらえるようにする。

進次郎氏も三原じゅん子を歓迎「しごきはボディーに」(スポーツ報知)
ゼブラーマン 完成披露試写会 5月1日から全国公開へ(毎日新聞)
<上関原発>反対派の島民 妨害禁止決定で広島高裁に抗告(毎日新聞)
与党3党、会期延長も選択肢 (産経新聞)
<立川談志さん>13日に復帰(毎日新聞)
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。